こんな使い方があったの?!紙袋の活用法

ご家庭についつい余りがちな紙袋ありませんか?いつか使うだろうととっておいていつの間にか使わなくなってしまったという経験は誰にでもあると思います。袋はどんどんたまっていくのにその活用法が分からずにどんどんため込んでいってしまう。ブランド店でもらった袋なんて特に捨てがたいものです。しかし活用法がわからずついついおうちの中にため込んでしまってはとてももったいないことです。今回はそんな方のためにとっておきの活用法をご紹介いたします。
誰でも今日から簡単に始めることのできるものばかりです。
これを知っているだけでおうちの中にたまった袋を賢く活用できるだけでなく、節約にも繋がります。そしてなんといってもおしゃれなんです。それではさっそくご紹介していきましょう。

収納ボックスとして活用しましょう

まず最初の活用方法は収納ボックスとしての活用です。
作り方は簡単で、袋の口を内側に折りたたむだけです。これで完成です。
どれくらい折りたたむかは自由に決めることができるので自分の思い通りの高さの収納ボックスを作ることができます。小物を入れるのでもいいし、調味料を入れたり、野菜をいれるストッカーとしても使うことができます。ここでこの収納ボックスの優れている点は汚れたらすぐに捨てることができることです。お金をかけずに紙袋で作ってあるので捨てるのがもったいないということはありません。また、ブランド店の袋を使えば見た目も一気におしゃれになります。この活用法を知っていれば無料で簡単におしゃれな収納ボックスを作ることができるのでぜひみなさんお試しください。

インテリアとしてお部屋を彩りましょう

紙袋でインテリアと聞いて驚く方も多いと思いますが、意外とインテリアとしても活用することができます。たとえは造花をおしゃれな袋の中に入れて壁に掛けておくだけでも簡単にインテリアとして活用することができてしまいます。そのほかにもゴミ箱として使ったり、袋をフレームに入れてお部屋に飾ることもできます。ゴミ袋として使う際は中にビニール袋を入れておいて使うとおしゃれな袋を汚すことなく何回でも活用できます。また、フレームに入れてインテリアとして飾るのは少し抵抗があるかもしれませんが意外とおしゃれになります。一度試してみる価値はありますよ。ただでインテリアとして活用できるなんてすごくうれしいですよね。紙の袋を使うことでインテリア雑貨には無い味がでてすごくおしゃれです。ぜひお試しください。